明治の前の元号はなに?明治以前の元号の決め方!長く続いた元号は?

元号は明治の前はなに?明治以前の元号はどうやって決めていたの?驚きの変更理由もあった?!

2019年5月からは、元号が平成から令和に移り変わり
新しい時代の幕開けですね。

新元号の話題で持ちきりですが、
以前の元号を聞かれて答えられるのは、
平成・昭和・大正・明治までではないでしょうか?

では明治以前の元号はなにでしょう?
知っていたらちょっとした物知りですね!

この記事では明治以前の元号や、
元号の決め方をご紹介します。

明治以前の元号はなに?

明治の前の元号は、
慶應(けいおう)と言います。

西暦では1865年5月1日から1868年10月23日の4年で、
時代は江戸時代でした。

4年で天皇が変わってしまったの?

と思いますよね。

この時代は元号の決め方が現在と異なっており、
数年で元号が変わることも珍しくはありませんでした。

なんと江戸時代には35個もの元号が存在していたのですよ。

現在の元号の決まり事、

一世一元制(元号を天皇在位中には変えない制度)

となる前の最後の元号が慶應でした。

ではどうやって、
誰が元号を決めていたのか、
次の章でご説明しますね。

現在と過去に違いは?元号の決め方・決める人は誰なの?

明治以前の元号の決め方

日本での元号の始まりは飛鳥時代の大化だと言われています。

元号が無い時代もありましたが、
1300年以上にわたって続き、
現在では元号を使っているのは日本のみとなっています。

元号は大化から平成まで247個も存在し、
令和が追加されたら248個となります。

こんなにも数多くの元号が存在するのは、
明治以前は元号の変更に決まりがなく、
短期間に元号の変更がされていたからです。

・天皇の即位(変更されない場合もある)

・美しい雲、珍しい模様の亀を発見した、おめでたいことがあった

・天変地異、戦い、飢餓などの災いがあった

 

このような様々な理由で元号が変更されていました。

美しい雲や、珍しい模様の亀の発見など、
現代では考えられない理由ですよね

良くないことがあった時は、
元号を変えることで災いをリセットして、
改めて再スタートしていたんですね。

元号を決めていた人も
時代によって幕府や朝廷だったりバラバラでした。

現在の元号の決め方

現在の元号の決め方は、
昭和54年に成立された法律、【元号法】で定められています。

政令(内閣)によって元号を定められます。

元号を変更できるのは、皇位の継承があった場合に限ります。

この元号法は、日本で一番短い法律です。

また元号の条件や決め方の手順についてもルールが決められています。

現在の元号の決め方・手順・条件

  • 決める人 → 内閣
  • 改定タイミング → 皇位の継承があった場合

変更の手順

1.新元号案を、有識者に依頼

2.いくつか案を内閣官房長官へ出す

3.官房長官は案を検討・整理して、内閣総理大臣へ報告

4.全閣僚会議で協議して決定する

 

元号の条件

・国民の理想としてふさわしい意味をもつもの

・漢字2文字である

・書きやすく、読みやすいもの

・今までに元号やおくり名として使用されていないもの

・俗用されていないもの


現在は、明治以前とは違って
明確な条件やルールの下で新元号は決められているんですね。

長く続いた元号ベスト5!

最後にちょっと豆知識です。
長く使われていた年号のベスト5!をご紹介します。

ベスト5!25年

■延暦(782年~806年)25年

奈良時代から平安時代にかけて25年の
延暦(えんりゃく)が歴代5番目に長い元号です。

ベスト4!31年

■平成(1989年~2019年)31年

平成は歴代4番目の長さとなりました。

今上(きんじょう)天皇の代の元号です。

平成に込められた意味は、

平(平和)、成(達成)

「国の内外、天地とも平和が達成される」です。

ですが個人的には、
自然災害や大きな事件なども多くあった印象でした。

ベスト3!35年

■応永(1394年~1428年)35年

室町時代の応永(おうえい)が歴代3番目に長い元号でした。

一世一元制(元号を天皇在位中には変えない制度)となる以前では、
一番長い元号です。

戦乱の時代ですが、
応永10年から22年までの約10年間は
戦乱などが途絶え「応永の平和」と言われてるそうですよ。

ベスト2!44年

■明治(1868年~1912年)44年187日間

明治が歴代2番目に長い元号です。

明治の由来は、中国の古典「易経」の

「聖人南面して天下を聴き、明に嚮(むか)いて治む」

という言葉の「明」と「治」をとって名付けられました。

聖人が南を向いて着座し、政治を聴けば、
天下は明るい方向に向かって治まる

という意味合いです。

そして明治と言えば、
元号の候補の中からくじ引きで決められたという
驚きのエピソードもあるようです。

ベスト1!62年

■昭和(1926年~1989年)62年14日間

昭和が最も長い元号で、なんと62年も続きました。

昭和の由来は、四書五経の一つ「書経尭典」の、

「百姓(ひゃくせい)昭明にして萬邦(ばんぽう)を協和す」

という言葉の「昭」と「和」をとって名付けられました。

国民の平和および世界各国の共存繁栄を願う
という意味合いです。

昭和は戦争がある時代となってしまいましたが、
日本だけではなく世界各国の平和や発展を願って名づけられたのですね。

まとめ

元号を使っているのは日本のみとなっています。

明治、大正、昭和に平成とその元号ごとの
特色・その時代を象徴するものとなっている元号を
これからも大切にしていきたいですね。

令和はどのような時代になっていくのでしょうか。

楽しみですね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

  1. 年号と西暦の覚え方簡単な交換方法!年齢の計算方法も
  2. ミュゼをクーリングオフした方法!はがきを送るだけ・5万円以下でもOK
  3. エアコンの水濡れ・そのまま使用してもいいの?対処方法もご紹介!
  4. テキストプ浴衣に合う髪型!-ボブの前髪なしやハーフアップの簡単なアレンジ方法
PAGE TOP